読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもりニートが始めるアフィリエイト記

無職がネットビジネスをかじってみる。日々の記録をつづり、ネットビジネスの現実を伝えていきたい。

キーワードプランナーというものを使ってみる

前から気になってたキーワードプランナーっていうツールだけどやっと使えるようになった。

 

登録画面がややこしくて一度諦めてたんだよ。

 

他サイトで紹介されている登録の仕方と今の登録法じゃ仕様が変わっているらしい。

 

不安になる登録画面

 

登録するときに月の予算とか支払い方法とかの項目があってキーワードプランナーって無料じゃないのか??

??

 

となって一旦やめてた。

 

調べてみるとそのままでも登録できるらしくてやってみた。

 

google adwordsってサービスにまず登録をするんだがこの登録画面が結構ややこしい。

 

広告の掲載をしてくれるサービスで地域やワードの登録をさせられるんだがとりあえず適当でOK.

重要な項目は「支払い」の項目だけ。

 

ここを自動から手動にし変えて、支払い方法は銀行振り込みにする。

 

そして登録が終わったら管理画面から今登録した適当なワードの広告を一時停止にしておけば料金が発生することはない。

 

これでキーワードプランナーが使えるようになった。

 

スクショの撮り方がわからんし説明がしんどいからざっくりだが2016 キーワードプランナー で検索したらくっそ詳しく書いてくれてるサイトがある。

 

キーワード探しの必須ツール

 

調べたいワードを入力したらそのワードが月にどれくらい検索されているのかがすぐにわかるツール。

検索した人のスマホ率とか、似たようなワードの候補とその検索回数もひとつの画面に見やすく表示される素晴らしいツールだったぞ。

 

アフィサイトやるとしたらまずこれで検索するべきだったんだな。

キーワードリサーチってすごく大事らしいが私がアフィ始めてすぐの一ヶ月前は全く気にしてなかった。

 

グーグルの検索のしくみとかSEOとかも今でもよくわからんし。

 

キーワードプランナーで大穴なワードを見つけれたらきっと成功しやすいんだろう。

 

脳筋タイプの私はキーワードを凝ったふうにするのが苦手だから考えないとすぐに脳筋なワードに走りかける。

例えばFX系のサイトをやろうとしたら「FXおすすめサイト」みたいなタイトルで「FXはすごい!その魅力は稼げること!」みたいなうんこみたいな記事をかいてしまうだろう。

 

賢い人はなんかもっと見る人が惹かれるタイトルをつけれるんだろう。

 

競合性

キーワードプランナーを使っているとワードごとに競合性という項目がある。

これは競合サイトが多いってことだから人気なジャンルなんだと思う。

=稼げるジャンル。

 

でもライバルがくっそ多いと思うから逆に手を出しづらい。

 

なんとなくで作ったアフィサイトのジャンルのキーワードを調べてみると競合性は高かった。

 

実際にグーグルで検索すると上のほうには記事が1万とかあるやばいサイトの記事がでてくるしとにかくでかいサイトばっかでつらい・・・。

 

次にやりたいなって思うサイトのキーワード候補をいくつか調べるとぺラサイトが上位にいるのが目立った。

本当に1ページしかないようなのとか。

ちゃんと作りこんでるのもあるけどぺラサイトの多さとあとは広告主のサイト。

 

初心者だからどのワードが狙い目とか検索結果みて勝てるみたいなのがわからんのよな。

 

まじでキーワードのリサーチは失敗したくないから慎重にやりたい。

めっちゃ力いれる人は1ヶ月とかかけてキーワードを選定するらしい。すごすぎる。

 

 

 

キーワードプランナーで色んなワード検索するだけで面白いなこれ。

他の人がやってるアフィサイトのジャンルのワードとかで検索してどんくらいの量なのかとかなんか色々調べれるから面白い。