読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引きこもりニートが始めるアフィリエイト記

無職がネットビジネスをかじってみる。日々の記録をつづり、ネットビジネスの現実を伝えていきたい。

見出しの使い方と装飾を覚えてページのレベルがあがった

 見出しって前まで使い方がいまいちわからなかったんだけど覚えると便利だね。

ちゃんとワードプレスで設定しないと目次は作ってくれないらしくてなんで固定ページだけ目次あんだよ!って疑問が解消されたよ。

 

はてなブログでも目次って作れるのかな。

 

あと箇条書きやテーブルタグ、文字の後ろに色をつけることにより私のページはちょっとお洒落で見やすくなったぞ。

昔作ったページは色がなく装飾がなく文字がだらだらかいてあるだけだからおそらく読みにくい。

 

正直自分が調べ物とかしてもページの内容って全部読まないんだよね。

強調してある部分とか箇条書きの部分は目に留まるからちゃんと見て欲しい部分はそういう風にしてみることにした。

 

おう、ちょっと見やすい記事がかけるようになったぞ。

 

でもあんまやりすぎるとセールス色でまくるんだなこれ。

美容系のジャンルでばりばりセールス色出すと怪しいページにみえてしまうから気をつけないと。

 

 

競合サイト

気のせいだろとか思ってたけど私のやってるジャンルは競合サイトやっぱくっそ多い

えぐい。

元業界人だとか現業界人がやってるとこも結構あるから強い・・・。

一応私も元業界人だから強くなれるぜ!って思ったけどヤツらはもっと強い。

 

でもどっちかっていうと色んな検索の上位は業界人関連の特化したサイトより美容っていう大きなジャンルでいっぱい記事書いてるブログばっかなんだよな。

規模めっちゃでかいのいっぱいあるしあれ強すぎだろ・・・。

特化サイトが上にくるのはわかるけど美容っていう大きなカテゴリでやってるでかいサイトの1記事が上にひしめきあっとる。

 

美容系は儲かるらしいから競争率高いんだな。

私のジャンルはそん中でも多分あんま儲からない方だが。

 

美容ってコンプレックスに直結するものが多いから儲かるんだろうけど私の場合ちょっと違う。

例えばコンプレックスがある人がくるジャンルは「整形」「脱毛」「育毛」とか言ってしまえばマイナスを0に戻すもの。

そんで0をプラスにするものが「化粧」「美肌」とかそんなイメージでそっち側。

恐らくコンプレックス系のがかなり儲かるだろうな。

 

でも私は整形も脱毛も育毛もしたことがない。できるならしてみたいが金がない。

 

記事作りにかかる時間は役立ち系と物売る記事とでかなり違う

 

今日は2つ記事を作ったぜ。昼過ぎに起きてだらだらしてた雑魚だが。

1個は物を売るページ。これ良いよ的な使ったことあるもののお勧めを並べたページ。

もう一個は役立ち系の〇〇の使い方、注意点的なページ。

役立ち系は前かったゴミの写真を張りながら解説したり使う時の注意点を書いたりしてたんだがかかった時間は40分ほど。

に対し物売る系は1時間半くらいかかった。

 

役立ち系は自分が詳しいから気をつける点と使い方解説するだけでスラスラかけたが物売る記事はこれはこういうメリットがあって、とか色々書いたりそれが良い根拠の情報を前提に書いたり場所考えながらアフィリンク貼ったりやはり大変だ。

使ったことあるものでも役立ち系の記事よりかなり時間かかるからなー。

まじで良いものを紹介したんだけどあんま良いって書いてもすげえ胡散臭くなるわけで。

 

説明したいんだけど語彙力ないからありのままを書こうとしたらこれは最高ですやばいです神です!みたいになりかねん。

 

いくつかの商品を1つの記事に並べて売るとしたらその商品の差別化をしないといけない。

正直全部「良いよこれ」で済ませたいがそうもいかないからな。

なんか本でも読んでみるかな・・・。

私の文章力表現力じゃ物売るってレベルじゃねーぞ

 

グーグルアドセンス承認されたが

そういやグーグルアドセンスの審査が無事承認された。

審査した時の状態は

・ブログ形式で記事25程度

・問い合わせフォーム設置済み

・作ってから2週間ほど

 

こんな感じだったけど案外ゆるいんだな。

アマゾンでさえ一回落とされてたから正直通ると思ってなかった。

 

しかし広告の張り方がわからん。

別にアクセスほぼないからいいんだがためしに貼ろうとしてサイドバーにいれたりしたけど表示されんな。

もしかしたらスタイルシートから張らないといけないのか。

私にいじれるのか。こわいんだが。

まあまだ先の話だが。

勝手にリスペクトしてるアフィリエイターさん

私がアフィやろうって思ったきっかけになった人のブログを毎日見ている。

もうストーカーみたいに毎日チェックしているし作ったアフィサイトを公開してる人だからサイトの方もきもいくらい見たりしてる。

おう、ネットストーカー気質なんだ。

 

その人は3年前くらいにアフィリエイトを始めて完全にホワイトでこつこつと頑張ってきた人で先月の収入が50万を越えたそうな。

50万ってやばいよ。

私は稼げるって言われる仕事をしたことがあるが怠惰故にサボり続けて40万も稼げなかった。同じ条件で頑張れば頑張る分だけ稼げる業種だがまわりの人は頑張って自分の倍以上も稼いでる人が沢山いた。

私は小さい頃からニート気質だったから金より楽さを選んで休みばっかとって働く事から逃げてきた。

今なんて引きこもりになってしまったし。

 

その一方的にリスペクトしてる人も引きこもりなんだけどコツコツあふぃりえいとで人に役立つサイトを作り上げて収入を増やしていってる。

ストーカーっぽく過去の記事とかも何度も見たけど毎月ちょっとずつアクセスと収益が増えていく記録を見るのは面白かった。

 

サイトも何度も見たけどセールス色がそんなになくてどっちかっていうとその製品の特徴とか使っていく上で困る点とかその対処法とか見る人に役に立つ情報が沢山載ってる。

この人メーカーの人かよって思うくらい色々と詳しく。

私は知らない業界だからさっぱりだが、あそこまで詳しく書けるのすげーよー。

 

本当に役に立つ情報と困った人を助けれる商品の紹介をしてるから利用する人も運営する側も幸せなサイトだと思った。

おそらく作ったサイト全部公開してるっぽいしこのサイトはダメだったみたいなのも書いてるからすごくわかりやすい。

 

アフィへのイメージ

もともとアフィにもっていたイメージは

 

・情報や詐欺まがいの商品を騙して売って稼ぐ

・最初に投資をしてアクセスを集めまくる

・個人にはまっとうなアフィリエイトは無理

 

その人のおかげで

 

・騙さなくても本当に必要な物を紹介して稼げる

・ホワイトハットでこつこつでも結果は出る

・個人でも頑張ればまっとうに稼げる

 

に変わった。

 

 

今までアフィリエイトって情報を売ったり怪しい商材を売ってとにかく人を騙して稼ぐものだと思ってたがこの人のおかげで綺麗な世界もあるんだと思った。

 

その人の収益はアマゾンが大半だ。

アマゾンとかの物販で稼ぐなんて絶対無理だと思ってたし(高校生の頃アフィやって思ったくそみたいな感想)。

無料ブログでやってたけど多分こういうのは金がある人がなんかしら金の汚い力を使ってアクセス大量に集めて成功するんだろうなーとか思ってた。

 

高校生の頃にアマゾンのアフィで稼ごうとして玉砕した結果だ。

あの頃は一日十時間作業しても一ヶ月に400円とかであほらしいとしか思えなかった。

 

でもその人や他の色んな人のアフィ記録を見て最初の半年はほぼ収益はなくても普通なんだってわかったし「続ける」ことが大事なんだと理解した。

 

あとその人のブログ思ったけどアフィの事書いてるブログは広告もなく収益は見込めないのにすごく面白く、見やすく書いてるなあって。

しかも人間性がすごく面白くて他の記事も読みたいと自然に思える。

 

私はこのブログには画像は全く使わないし装飾もしないクソ見にくい文章を書いてる。

 

画像いれたり装飾してたらこんなどうでもいいブログ書くのでさえかなり時間使っちゃうからな。

サイト完成して余裕ができたらちょっとこっちも気をつけていこうかなと思う。

 

アフィサイトの方は箇条書きとかテーブルとか文字の後ろに色つけるとかをなるべくするようにして記事を作るようになった。

ちょっとだけ豪華になってうれぴい

 

 

アフィを始める時に最初から覚えておけばよかったと思うこと

 

あんま進まないまま8月がきてしもうたけど最初っからもっと調べておけばよかったと思うことが多々ある。

 

投稿記事と固定ページの違い

投稿記事と固定ページ、どっちで作ろうか迷ったあげく使ってたテーマとの折り合いで途中から全てを記事で作ることになったんだがその違いを最初から覚えておけばよかった。

固定ページで製作するとサイト型になって投稿記事で製作するとブログ型になる。

んだけど投稿記事の方が実際使い勝手がいいと思った。

 

投稿記事

・カテゴリ分けができる

・関連記事などの紹介がしやすい

・リンクを貼らなくても最新記事やカテゴリから見れる

 

固定ページ

・カテゴリは分けれないけど親ページ、子ページの設定ができる

・ページを作ったら毎回どこかしらからリンクを貼らなければいけない。

 

固定ページは結構めんどかった。

あと、グーグルで検索して上のほうにでてくるのってだいたいブログ記事のような気がする。

ブログって強いなって思った。

 

テーマはスマホで見ることも考えて選ぶ

おそらく今の時代に何か調べ物をする人ってスマホでやる人も多いんじゃないかって思う。

パソコンで見たときは綺麗でもスマホで見ると崩れてたりするテーマがあった。

そういうページって直帰率が高くなりそう。

パソコンで見てもスマホで見ても綺麗に見れるテーマがいいな。

スティンガーはどっちでも綺麗だ。かなりシンプル。

ワードプレス導入してから何度かテーマ変えたり試したりしたけどなかなか自分の思う理想のテーマはなかった。

そう、スタイルシートがいじれないから。

 

かなり沢山テーマはあるんだけど色々見たり試したりするのにすっごい時間使ったと思う。

リンク色とかページ幅かえるくらいの事すら私はできない雑魚だ。

きっとできる人ならもっともっとかっこいいブログなりサイトなりができるだろう。

 

行き当たりばったりでとりあえず記事を作るんではなく先にジャンルや構成を考えてから作ること

 

私はあんまなんも考えずにドメインとサーバーを借りてよっしゃ作るぞ!って感じだった。

あらかじめの知識もなければどんな構成でどういう風にページを繋げていくのかも全く決めずに始めた。

だから初めてすぐにジャンルを変えたしページを作っては前の記事を直しての繰り返しでマジで進行しなかった。

 

ジャンル選びは本当に大事。

全く知らないジャンルでいくと調べる作業が死ぬほどある。

基礎知識すらない分野だと試験勉強でもしてんのかって感じですげえ滅入る。

だから少なからず自分が詳しい分野でやったほうがいいと思う。

 

構成を考えるのもかなり大事だと思った。

ブログでそのジャンルの事をとにかく書きまくるって感じなら大丈夫かもだけど、最初からこんなページを作ってこんなカテゴリをいくつか作ってみたいに考えておいたほうが記事作成が捗る。

 

たとえば、農業の種を売るページを作るとしたら、それぞれの種類の種が発芽する仕組みのページを作って、育て方のページを作って、種の紹介のページを繋げるみたいな。

そんで関連のジョウロとかのページを作ったりビニールなどのかけ方、商品紹介のページを作るとか。

説明下手すぎてやばいがこんな感じ。

 

 

アフィやってる人は人それぞれのやり方だとは思うけどどうやって作ってんのかなって気になる。

最初からがちがちに考えてんのかなとかどんなペースで進めてんだろとか。

 

おそらく私はニートにしてはかなり遅いペースなんだろう。

正直しっかり睡眠とっても一日12時間は作業できて記事の5個くらいは作れるはずなんだ。

まだ始めて20日も経ってないけど収益は0だ。

 

自分の記事を見返してみると特徴とか紹介とかで必死でセールスっぽいことが書けていない。

色々できあがったら「お勧め〇選」「お勧めランキング〇選」みたいなページも作ろうと思う。

まずは基礎から作り上げて商品のこと詳しくなってからだが。

 

あと記事を見やすくする努力もしないとな。

文字の強調とか線ひいたりとかがもの売るのに重要だと思う。

 

このブログはただ書きなぐってるだけだから本当に読みにくいしひどいものだ。

アフィのほうは頑張ってるけどやっぱよくある上手い記事みたいにならん。

素人感丸出しのしょぼいページになってしまう。

 

文字の後ろに線入れるやつやりたい。

しこしこページ作り アクセスは今だほぼ無し

今日は2つのメーカーのページを作ったぞい。

2時間ずつくらいはかかったな・・・。

 

なんていうかとりあえずしんどい・・・。

気に入ったものを使う主義でメーカーにこだわったことがないからメーカーの特徴とかどんなメーカーとか知らんのだ・・・。

でも一応説明かいときたいから調べたりで時間かかったぞ。

 

ワードプレスのテキスト欄が重くなる

んでやっぱワードプレスがくそ重くなるなあ。

テーブルタグに数字とアマゾンリンク埋め込んだ表をワードプレすの記事の編集欄にいれるとすっごい重くて文字打ったり消したりがカクカクするんだが自分だけなのか。

メモ帳で作るよりワードプレスの記事画面で作ったほうがプレビューとかできて楽なんだがなあ。

 

表だけメモ帳で作ってそれ以外をワードプレスで作った後に表をコピーして埋め込んでるんだけど手直しする時にくそ重くて怖くなる。

 

ブラウザ固まって死ぬんじゃないかって・・・。

 

 

検索からのアクセス

また検索からアクセスがきてた。

ヤフー検索からだったけどこんなワードの組み合わせでくる人おるんやなあって感心。

だが前にパーマリンクとかいじったせいでそのページ404になってたわ。

グーグルさんがクロールしてくれたら直るんかな。

 

よくわからんがパーマリンクの設定とかいじったら404ページができたりするしドメインの評価が下がりそうなイメージがある。

なんでかは覚えてないけど設定をカスタムにしてるから記事作るごとにurl考えなきゃいけんのや。

 

そのままにすると記事タイトルがurlになってしまうから日本語のurlになる。

なんか個人的に日本語のurl嫌いなんよな。

 

アクセスは増えてないけど

アクセスは増えてないけど楽天のクリック数とかアマゾンのクリック数が少し増えてた。

アクセス解析の置き方みすってんのか知らんけど自分のアクセスが解析にはいってたり入ってなかったりするしどうなってんだこれ。

一応アクセス解析は反応してなくても人がきてるんだろうか。

 

私は情弱だからこういうツールをちゃんと使いこなせない。

数少ない検索からきたであろう人のワードは全部知っておきたいんだよね。

 

 

予想以上にページ作りに時間かかるから1日5記事無理くせえよ・・・。

表のページは一日3記事にハードル下げよ・・・。

 

頑張るゾイ・・・。

1ページに2時間もかかったくそニート 少し滅入りそう

 

今日までの3日間全く作業できてなかったのでやりはじめたんだが1ページに2時間もかかってしまった。

2時間もかかったページと同じ形式のページをあと最低でも25ページは作る予定なんだけど私のやる気はもつのだろうか。

正直かなりめんどくさいんだが・・・。でも作らなきゃアフィで収入を得ることができないのでニートは頑張ろうと思う。

 

今回作ったのは1個のメーカーの商品の比較表のページ。

たった14種類くらいの表なのにこんなにかかるとは。

いちいちアマゾンのリンクを貼ってるんだがそのリンクいれの作業が結構大変だった。

テーブルタグに色々数値いれていって最後にアマゾンリンクを貼ってく作業。

単純作業だしつまらない。

 

紹介している商品の種類が3種類なんだが今思うと結構多いな・・・。

3種類とかすくねーわうれねーよとか思ったけどやっぱいざ作ってみるとたった一種類の1メーカーだけでもこんなに時間がかかる。

 

1種類だけに絞ったほうが良かったかなとかちょっと後悔してる。

 

後は自分の使ってるメーカーのページだったから表意外の紹介もちょっと楽だったけど自分が使ってないメーカーの紹介は大変そうだ。

 

あと前の記事の手直しをまたやった・・・。

見出しって機能を使ってたんだけどh1はページに1個しか使ったらだめっぽかった。

ほぼh1で作ってたからかなり面倒な作業だったが直った・・・。

記事を作るうえで色々とルールがあるんだな・・・。

 

うーん・・・。

 

すげえだりいな・・・。

アフィやるっつって途中で投げ出す人間の気持がよくわかる。

昔の私もそうだったけど・・・。

 

最初からサーバー借りてやってるしゴミも買ったしアフィやるのにかかった初期投資がだいたい13000円。

今のところ収入は0だから今やめると一番損だ。

 

色々アフィやってる人のブログとか見てるけどモチベでてくる。

数千円、数万円、みたいなリアルな収益を書いてる人とか。

私は初心者の雑魚だから月100万円!とかって言ってて情報商材のリンク貼ってるページとかよりまだ初めて1年未満の収益があんまり無い人のブログを見るほうが好きだ。

それとか何年もブログをやってて初期の頃の収益数百円、からどんどん稼いでいく記録とか。

 

その人の試行錯誤とか見てたり収益があがってくところを見るとモチベになる。

私も早く収益1円でもでて報告したいです。

 

早く完成させなきゃ・・・。

ポケモンGOで少しだけ体力が戻った引きこもり

今のところニート生活1年と少しなんだけど本当に体力がない。

 

過去に何度かニート期間はあるけど外にでない時期は本当に運動をしなくなる。

運動というかただ歩く、とか荷物をもつ、階段ののぼり降りといった生活に自然についてくるような事すらないからやはり引きこもり生活は体力の低下が著しい

 

少し外に出て歩くと筋肉痛になったり足も靴擦れで皮がやぶけたり血が出る。

歩くことに対応できなくなってきているんだ。

 

そして一ヶ月に何度も風邪を引く。

ひどいときは週に一回風邪。

気温の変化に身体がついてきてないのか免疫がなくなっているのか。

 

ポケモンGOで外にでても筋肉痛がなくなった

 

今までだと1時間歩いたら確実に筋肉痛がきてたんだけどポケモンGOで少し外で歩く時間が増え筋肉痛がこなくなった。

ポケモンで外に出る時間なんて微々たるものだが少しは体力の低下を止めれたようだ。

でもまだ靴擦れはよくおきる。クロックスみたいなのはいてるだけなのに・・・。

 

おそらく歩くことをしない生活とずっと家で寝転んでたりあぐらかいてたり変な姿勢でいるから骨格がおかしくなって歩き方がおかしいんだろう・・・。

 

 

ポケモンが配信されてから今日で9日くらいかな。

その間に10キロの卵と5キロの卵と2キロを孵化させたから少なくとも17キロは歩いてる。

そして卵の仕様知らなくて孵化させなかった時間もあるからもっと歩いてる。

 

普通に働いてる人って一日にどれくらい歩くのか知らないけど自分からしたら9日間で17キロは結構歩いてると思う。

ニートなる前も正直あんま歩くことなかったし。

 

ポケモンの卵

卵には2キロで孵化する卵、5キロ、10キロの卵があるんだけどあと何キロ歩いたら孵化するかが表示されていて「孵化するまではポケモン探しながら歩こう」って気分にさせてくれる。

 

卵から何が出るかは産まれるまでわからないから産まれる時はガチャを引いているような感覚になってわくわくする。

私はソシャゲでガチャを引く瞬間が大好きだ。

ものすごく欲しい目当てが別になくてまあ出たらうれしいかなくらいの状態の購買意欲がそこまでない時でも課金してガチャを引いたりしてしまう雑魚だ。

 

ポケモンGOの卵は歩かないといけないというくそめんどくさい条件はあるものの10キロ卵だとレアなポケモンがでやすいと最初からわかってるから歩きたくなる。

2キロ卵は雑魚ばっかでるけど卵は捨てることができないのでとにかく孵化させないとあたらしい卵を持つ枠がなくなる。

卵はたったの9個しかもてないのに孵化装置にいれれる卵は1つだけだし。この孵化装置の枠を増やすのは課金アイテムが必要・・・。

無課金で効率よく遊びたいならとにかく歩かなければならない。

効率考えなくてもポケモン探したい好奇心で自然と歩くことに繋がる。

 

 

 

ポケモンGOは他のソシャゲと違いガチャで強いモンスターが手に入るといった仕様ではない。無課金でも歩けばレアなポケモンに出会えて捕まえれるかもしれないし卵から珍しいポケモンが孵るかもしれない。

正直普通に遊ぶなら課金する要素はないだろう。

1個80円するアイテムを使うとポケモンをおびき寄せるんだけど今のところあれでレアなポケモンが出たことはない。

何も使わず歩いたほうがいいポケモンと出会えている。

 

一昨日に外に出たときにポケモンGOをやってる人が沢山いてポケモンの話をする機会があった。

ゲームとかしないようなギャルがレベル18になってたり普通の兄ちゃんたちもみんなポケモンやってて中には課金してる人もいた。

廃プレイ、課金してる知り合い達のレベルは20くらいだが、一昨日にあった一般人達は普通にレベルが16とかあって驚いた。私はまだ12なのに。

 

 

ソシャゲしない層まで取り込んでしまったポケモンGOはすごい。

人口が増えると課金する人間も増える、ポケモンはユーザーが勝手にインフレを起こしてくれて勝手に競争してくれる。

なんかうまいことできてるなと思った。

 

ランクをあげないとポケモンのステータスの上限もあがらないというのは従来のソシャゲの「金さえ出せばやってる時間に関わらずみんな強いモンスターが手に入る」という仕様と違う。

ランクをあげるのにはポケモン乱獲、ストップ周りなど外を歩かされることを余儀なくされる。そしてそのために友達に薦めて一緒にやったりしてる人間も多い。

これが知名度の低い会社が出したタイトルなら多分話題にもならないしここまで社会現象にもならなかっただろうし一般層が手にスマホを持って歩き回る姿もなかっただろう。

 

ポケモンおそるべし。

引きこもりの私も外に出る楽しみができてしまったからな。

でも基本は引きこもりだからランクがあがらない。

ゲームしないであろう一般人達にランクを抜かれていてジムも落とせないザマだ。

引きこもってゲームばかりしてた人間が一般人にゲームで負けているなんて悲し過ぎるだろう。

金持ちのモンスターボールでゲットされたい。

初の検索エンジンからのアクセスが一件あった!!

アクセス解析を見てみたらpvが一件だけあったぞおおい

 

〇〇 選び方 ってワードでヤフー検索から来ていたみたいだ。

 

4日前くらいに書いた記事だけどインデックスされるんだな

 

ためしに同じワードでヤフー検索してみたら・・・

 

4ページ目にあった。

 

めっちゃ後ろやんけ・・・。

でもね、初の検索からのアクセスでめっちゃうれしい。

自分の作ったページが検索ででてくるんだよだって!

厨房の頃にやってた黒歴史のイラストサイトなんて検索しても全くひっかからなかったんだぞ!

1年半やってたのに!

それが作って2週間なのにヤフー検索にでてくるってやばいだろ!

 

検索結果を送りながら見たけど1~4ページ目は同じような〇〇の選び方的なページが沢山。

ほとんどの人は1ページ目のサイトやブログで問題は解決してしまうだろうなああ

 

ジャンル全体の競合サイトがくっそ多いんだわ。

その唯一検索でアクセスきたページは素材がなくて写真がないページだったしアフィのリンクも貼ってないどころか商品に繋げるページへのリンクも貼ってない。

本当に「選び方」だけを文字で書いたページ。

一応写真は一枚あったけどフリー素材で記事のアイキャッチ用画像用に貼っただけのやつ。

 

競合サイトを見たらたくさん画像あったなー。

もちろんアフィの広告的商品画像なの多いけど、画像があると頭にはいってきやすいし読む気になる。

文字だけだと読む気にならないときがある。

さらに私の記事は文字を強調したり色を変えたりしてる部分があんまりない・・・。

強調したいところは文字を太くしてるくらいだな。

文字の背景に色をつけるやつ、あれも使っていこう。今は見出しだけ文字の背景に色いれてる状態。

 

でもこうやってヤフーの検索にのってるってことは人が見れる環境にあるわけだから新しい記事もそうだけど既存の記事もちゃんと画像増やしたり見やすいようにして関連ページへのリンクも貼らないとなー。

 

「選び方」で検索してるってことは購買意欲があるってことだから別にその商品のオススメを紹介したページにつなげたいところ。

(まだできてない)

 

くそみたいな作り方してるからカテゴリ的に色々作って一つのカテゴリを完成させてない;;

 

選び方とかこの機械(商品ではなくておおまかな種類)はこういうものでこうやって使う的な紹介ページを先に作ろうとしてる。

 

アマゾンの承認きたのも数日前だしまだ商品紹介ページはほぼほぼできてないんだよー。

比較表も作りかけて放置だし。

 

自分が持ってる商品のレビューは書けたけどもってないものを交えてオススメなんて書くの難しい。

おすすめランキング的な記事がわかりやすいんだろうけどいっぱいもってるわけじゃないからなー。

持ってないものも口コミや性能見て紹介していかないと。

 

いや、すごい難しいよな。競合ブログとかの記事見てると明らかに使ってない商品でもいっぱい利点とかあげてお勧めしてるけどまじですげーよ。

 

 

 

良い事ばっかりを書いて売らせる?

 

 

やってるジャンルのものを扱う業界にいたからこれダメみたいなのもわかるけど競合サイトのほとんどはそのダメな商品でも利点いっぱいあげてお勧めしてるんだぞみんな。

ぜってー使ってないもんそれ。

 

たしかに利点はあるんだけどデメリットのほうが多いようなものな。

初めて購入しようとした人がぱっと見だとこれいいな!って思うだろうけど実際すげー不便で使い心地が悪いもの。

良いってウソかいて買ってもらっても買った人が後悔するのは信用を失う。

 

一応自分とこでもこういうものでこうやって使うとか類似品との違いとか紹介したけどデメリットを正直にいっぱいかいてしまったわ。

営業的にはダメなんだろうな。

でも、ダメだから買うならこっちのタイプの方がいいよって風につなげるつもり。

 

でもまあしばらくは関連情報とか前かったゴミを使った写真でのわかりやすい説明ページから作っていこうと思う。

 

自分的にそっちのが楽。写真つかって説明するページのが作りやすいんだよ。

売るためのページはカルマとの戦いにもなるからちょっと気疲れするなあ。

 

商品を買わせるページの前にその商品(個別の商品ではなくおおまかな種類)の説明とか使い方とか注意点のページを作って完成してからアフィリンク貼ったお勧めのページを作っていく感じ。

 

業界にいたのはいたけどそんな長いことはいなかったし少し勉強しつつ解説ページを作ったほうが売るための比較ページとか作りやすいだろう。

 

ほんで他のサイトにかかれてないメリットとかも見つけれたらいいなー。

これと組み合わせたらすごくいいとか、自分なりの発見。

アレンジとかはすごいしやすいし関連商品もたくさんあるジャンルだから作っていくうえで自分のサイトにしかない個性みたいなのを少しでも作れたらいいなって思う。

 

やし、悪いものやお勧めできないものや自分に合わなかったものは正直に書く。

でそのお勧めできない理由+それをカバーできる本当のお勧め商品を紹介していくかたち。

そんな極めてないから実体験で薦めれることは沢山はないけど。アフィで収益がでたら買ってレビューって形にもつなげたいね。

 

生活にいるものだから買い換えてもいいなって思うものだけど今は金がない。

悲しい。

 

 

検索順位を上げる方法が知りたい

 

検索エンジンの検索に出たのはうれしかったけど4ページ目だからもっと順位をあげる&他の記事も検索で拾われるようにしたい。

既存の記事をいじって(リライトっていうんだっけ)良くしていけば自然にあがっていくのか?

なんでこんな短い記事が上のほうにいるんだよーって思うのもあるんだけどどうなってるんだよあの検索の仕組みは。

 

ドメイン」の評価が関係しているってこと?

例えばめっちゃ強いサイトがちょろっと記事を書いたら他の小さなサイトの有用な記事より上にきたりもするのか?

 

それか短い記事でも「ワード」を意識していて最低限の事を書いてるから上にくるのかな。

情報がたくさんつまった有用記事は「ワード」が出てこない文章もたくさんはいってるからロボット的に関連が薄いと判断されるとか。

 

SEOっていうのはアフィやってく上ですっげー重要なものっぽいんだけどゴミ虫にはまだまだわからんぜ。

 

そんなん意識する前にコンテンツ増やせよって話なんで今は「人がくるようにする」じゃなくて「人に見られても恥ずかしくないレベル」にしていかないとな。

 

明らかにコンテンツが少ない未完成感とオサラバしたい。

たくさん役に立つページを作って内部リンクをしっかり繋いで「売るためのページ」へ繋げてやっと完成だ。

 

アフィやるぞーってこのブログ作った時の目標では7月中に固定ページでのサイトを完成して8月にはブログ記事と固定ページの修正でやってくつもりだった。

これも8月中に完成が目標になってきたぞ。7月はもう終わりだ。全然だめだった。

 

最初は固定ページで作りたかったけどワードプレスのテーマと戦ったあげく全て投稿記事で作る形になってしまった。

いやでも今でもやっぱ固定ページで基盤をつくりてええ。

説明するのが難しいんだけどさ、情報をしっかり紹介したサイト+ブログを同じドメインでやりたいんだよ。

でも投稿記事で全ページを作るとブログにその作ったページもでてきてしまうんだ。

くそ、説明が下手だ。

 

ブログにはコラムとかが書きたくて、んでそのコラムにもカテゴリ設定したい。

でもサイト全部を投稿記事で作るとほら。

カテゴリ設定がめっちゃめんどくなる。

 

30記事もないから全部固定ページに手作業で移してもいいんだけどな。

固定ページから投稿記事に方針変える理由がワードプレスのテーマのせいだったし。

今はスティンガーのおかげでそのお悩みも解決してる。

 

ブログをブログで別におく方法はないのか。

ワードプレスを二個置くって感じにするのか?

 

下のフォルダを作ってそこにワードプレスをもう一個ダウンロードできたりするのかな。

それかカテゴリーの設定をなんかいじれるようにするとか?

 

思い通りにするためには知識が足りん。

パソコン力が低いアホの雑魚だからきつい。

 

こうやって言いたいことを伝えるための語彙力も足りん。

 

おそらく普通にアフィやってる中級者以上の人からしたら何いってんだこいつ状態だと思う。

 

私は初心者以下の雑魚だからなんか色々とつまずくところが多いんだ。

普通の人が普通にこなしてるであろう所でたびたびつまずく。

 

くそー。